人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

ヘレヴェッヘのベートーヴェン・チクルス第五夜最終公演

フイリップ・ヘレヴェッヘベートーヴェン交響曲連続演奏会も、今日が千秋楽で、<第九>。 その演奏は、たいへん印象に残る素晴しいものでした。 心から、ブラボー !!!  ヘレヴェッヘは、日本人にとって特別の思い入れのあるこの名曲を、変に意気込むのではなく、あくまで交響曲連続演奏会の中の1曲として位置づけ、客観的にベートーヴェンを表現しました。 ひとつだけ、欲張れば、<第九>1曲のプログラムではなく、頭にレオノーレ序曲第3番くらいを演奏して欲しかった。 ちょっと短いだけでなく、聴衆り耳の慣れのためにも。

 

オケは、ヴァイオリンを両翼に配置して、コントラバスが、舞台左手側。 ティンパニと、大太鼓などその他パーカッション群は、左右に分散。 4人の独唱者は、指揮者の前でも合唱団の中でもなく、舞台右手に、まるでオケのひとつのパートのように配置。 これらが、舞台サイズのせいか、ヘレヴェッヘ本人の意図的配置かわかりません。

 

よく観察すると、大変独特なボーイング(弓使い)。 第1楽章冒頭の1stヴァイオリンは、アップから。 80小節の弦楽器による第2主題の16分音符連続4つともアップ、などなど。 音楽のニュアンスに合わせて、演奏難易度と関係なく、本来あるべきボーイングを追求・徹底したこだわりが見えました。

 

ヘレヴェッヘの演奏では、相変わらず雄弁なティンパニが重要な意味を持って響きます。 圧巻は、第2楽章。 全てのリピートを行いましたが、195小節から叩く重要な主題を1回目はフォルテ、リピートの後はピアノで表現の違いをアピール。 新ベーレンライター版の楽譜を見ていないので、何とも言えませんが、これは楽譜の指定なのでしょうか。 同様に352小節のティンパニも特殊。

 

第3楽章アダージョは、楽譜指定の4分音符=60にほぼ近いテンポ。 昔の所謂「巨匠」の演奏から比べると1.5倍くらい速くなっているのでしょうが、こういうテンポ設定が主流になりました。 一般的な演奏は、私に言わせると、大晦日、こたつに入ってみかんを食べながら聴く<第九>ようのテンポ設定。 でも、ヘレヴェッヘは違います。 途中のアンダンテでも、微妙にテンポの違いを意識。

 

さて、フィナーレ。 小気味いいテンポで、チェロとコントラパスのレチタティーボが始まります。 ここでも、苦虫を噛み潰したようなベートーヴェンではなく、あくまで冷静に彼の苦悩をノン・ビブラートで、淡々と表現。 常に議論となっていた330小節のフォルテシモのティンパニは、アクセントも、ピアノへのディミュニエンドもなく、前小節からフォルテシモのまま。 続くアレグロ・アッサイ・ヴィヴォーチェは、ビックリするような早いテンポ(楽譜指定のこれが本来のテンポなんでしょうね・・・)。 このテンポで一気に突入したので、弦楽器、特にコントラバスは、附いていくのに必死の形相がおもしろかった。 

 

4人の独唱も、深みのある声と、透明感のあるアンサンブルで好演。 栗友会合唱団には、もう少し子音の発音をクリアにして、四声部のバランスを気にしてほしかったですが、これもまた好演。

 

おりしも、日曜日の東京は、大変いい天気。 大変晴れ晴れしい気持ちでホールを後にしました。

広告

コメント / トラックバック6件

  1. amabile

    歓喜の歌で締めくくりなんて喜びと希望に満ちた終演。終わりよければすべて良し♪(*^。^*)vベートーヴエン三昧の素敵で贅沢な一週間でしたね。重ね重ね、うらやましいです。熱い想いが伝わってくる記事。ワクワク楽しく拝見しました。今週は忙しさ倍増?!(笑)がんばって下さいませ(#^.^#)

    2005年6月14日 12:41 AM

  2. Unknown

    cell-hikiさまのコンサート評、毎回楽しみに読ませていただきました。まるで自分が会場にいるかのように指揮者や奏者の様子や音が伝わってきました。次は何のコンサートに行かれるのでしょうか?また、楽しみにしていますね。

    2005年6月14日 1:14 AM

  3. あきやん@グランビー

    毎日の感想、お疲れ様でした!その日の様子がギュッと濃縮されていて、読み応えがありました。う~ん、贅沢な一週間ですね。もはやイベントとなった年末の第九、今回のような純粋な第九を聴ける機会が少ないですよね。

    2005年6月14日 1:32 AM

  4. B

    すばらしい演奏会レポートありがとうございました自分で聴きに行ったかのように楽しめました。

    2005年6月14日 7:25 AM

  5. Unknown

    詳細な演奏評ありがとうございます!おかげで会場に行かずして感動を共有できた気分です(笑)。ゴージャスな一週間がうらやましい!

    2005年6月14日 8:42 AM

  6. Yasufumi

    皆さんの励ましのお言葉感謝します。でも、他の方々のブログを拝見すると、自分の音楽表現のボキャブラリーの限界を感じています・・・でも、人に見ていただくというよりね自分の記録のためにも、感じたままを正直にかけたらいいなと思っています。これからも、宜しくお願いします。

    2005年6月16日 1:44 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中