人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

2005年11月6日 のアーカイブ

安達太良山とテンシュテットのマーラー

 
金曜日から、12日で福島へ。お仕事でお世話になっているビジネス・パートナーさん主催のエグゼクティブ・セミナーに出席しました。磐梯朝日国立公園内のホテルは、携帯電話の電波も入らず、セミナーに集中。業務連絡には皆さんご苦労されていましたが。 
 
 
翌日は、参加者40数名でのゴルフ・コンペ。ボナリ高原ゴルフクラブは、ドラマチックな名門コース。鮮やかな色彩で、そして自然が大きい。会津磐梯山と安達太良山(あだたらやま)がよく見えました。 
 
安達太良山の空は、高村光太郎の「智恵子抄」で智恵子が愛した空。悠然と聳え立つ山がなんとなく寂しげです。 
 
秋の紅葉と、素晴しいお天気と、素晴しいメンバーと、愛嬌のあるキャディーさんに恵まれて、気分は最高っス。スコアはって? いいじゃないすですか。スコアなんてちっぽけな話題を気にしていたら、こんな素晴しい自然に失礼です。(なんちゃって・・・)
 
 
東京駅までの新幹線の中、クラウス・テンシュテットマーラー交響曲第5をずっと聴いていました。ロンドン・フィルと来日した1984413日の大阪フェスティバル・ホールでのライヴ録音です。(TOKYO FMレーベル:TFMC15) 
 
マーラー指揮者テンシュテットの爆演です。全ての楽器が鳴り切って、緊張感が切れません。カラヤンの人工的で抑制された甘美な演奏も好きですが、ここには、人間性がある。そして雄大な空があり、色艶やかな紅葉があり、絨毯のような緑があり、自然があるって感じ。それでいて、緻密に計算されつくしている。テンシュテットの天才肌を垣間見ます。
  
久し振りに聴いたコレクションだけど、いいモノはいい。気分よく、缶チューハイとスルメを食べながらテンシュテットのマーラーの世界に浸っていると、あっという間に東京駅でした。
 
 
ご参加された皆さん、お疲れ様でした・・・
 
 
広告