人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

チェロ修理

 

私の楽器が長い入院生活から無事退院してきた。今回はネックが折れてしまうという重傷だったけど、ご紹介いただいた世田谷にあるさくら弦楽器工房を主宰する高橋祐太氏の手によって無事修理完了。今回は表板をオープンして悪そうなところを全て時間をかけて(お金もかけて?)徹底的に直したので、出来上がりにはすごく満足。音艶も馬力も以前と比べ物にならないくらいよくなった。かれこれ7-8年前にこの楽器を手に入れた時に状態がよくないまま弾いていたのでここまでの重傷になったようだ。 この楽器は1905年のイタリア製のGiuseppe Vignali。ゴツゴツした表情の楽器だが、イタリアで長年修行した高橋氏からホンモノとのお墨付きももらった。

早速日曜日に軽井沢国際音楽祭のリハーサルで弾いてみた。ここ1年は昨年手に入れたもう1本のイタリア・クレモナの2000年の新作Salvatore Moschellaに暫く浮気してたけど、修理が完了してみると、こっちの古女房のほうが断然音が深い。これから楽器を弾くのが楽しみになった。

高橋氏はイタリア・クレモナ国際バイオリン製作学校に留学しクレモナとジェノバで修行をされ昨年この工房を開いた。修理・調整だけでなく自ら製作も手がけ、今チェロ1本を注文しても2年待ちだとか。幼少の頃にはチェロを青木十良氏に師事していたこともあり、チェロに対する愛情が深い。氏のチェロはヨーロッパからも注文があるらしく、特に古楽器演奏の盛んなオランダでは氏の製作した5弦チェロが人気だとか。J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲第6番を弾くには、E線のついた5弦バロック・チェロって弾いてみたいな・・・

下の写真は高橋氏が修理の際に撮っておいてくださったもの。自分の楽器の中なんてめったに見れるものじゃないし、有難いです。

    DSCF3155      

    DSCF3157

    DSCF3166 

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 

広告

コメント / トラックバック9件

  1. 柴田 智子

    平井 康文 さま

    初めてメールを差し上げます。

    実は、高校のときの同級生がヴァイオリンを作る修行に行き、陰ながら成功を祈っておりました。

    先日、何気なく彼の名前を検索したところ、
    貴殿のブログにたどり着きました。

    イタリアに行くときは、日本には帰れないかもしれないと聞いており、まさか日本に帰っているとは、私と同じ東京で工房を構えているとは、、、大変驚き、とても嬉しかったのです。  

    出来ることなら会ってお祝いを言いたいと思い、
    工房を探したいのですが、なかなか探せません。

    今も、世田谷にいるのでしょうか・・・?

    もしご存知であれば、工房の連絡先を教えていただけないでしょうか?

    高橋くんが修理したという、平井さまのチェロも、一度聴いてみたいです。国立市に住んでおりますので、あと少し早ければ、先月八王子に伺えたかもしれませんね。

    見ず知らずの者から、不躾なメール、失礼いたしました。

    柴田 智子

    2011年1月29日 11:30 PM

    • お返事遅くなりました。ブログ訪問ありがとうございます。高橋さんの工房は名前が代わってITACA VIOLINというお店になっています。電話番号は03-5647-6661です。先ほど高橋さんにお電話してご紹介の了解もいただきました。

      2011年2月3日 11:33 AM

      • 柴田 智子

        平井 康文 さま

        お返事ありがとうございました!

        考えてみれば個人情報だものなぁ。。。
        気安く教えてくれだなんてお願いをして、
        ご迷惑だったと、反省しているところでした。

        高橋くんに確認していただいたとのこと、
        お手数をおかけいたしました。

        名前が変わっていたのですね。

        本当に、ご親切に、ありがとうござました。

        2011年2月3日 5:43 PM

  2. 田中翼

    平井康文様
    はじめまして。
    アマチュアでチェロを弾いております。
    数年前に習っていた先生から個人所有のフランスの100年以上前とされる(鑑定書はありませんが)チェロを購入しました。
    自分は音色に惚れて、見た目はあまり気にせず、購入し弾いていたのですが、駒の調整に修理に出したところ、表板や魂柱、ペグの状態が本当にひどいと言われました。二つの修理工房をまわりましたが、積極的に修理をしてもらえる雰囲気ではありませんでした。当然ですが、自分の楽器に愛着があり、今後も長く使用したいため、どこか修理してもらえるところはないかと検索していたところ平井様のブログを拝見しました。ITACA VIOLIN
    の電話番号が載せてありますが、こちらで勝手に電話をかけても構いませんでしょうか?インターネット検索では、この工房は電話番号を載せてなかったので、平井様にご迷惑をおかけするかもしれないと思い、念のためコメントさせて頂きました。

    2012年8月28日 9:52 PM

    • 田中さん、
      勿論連絡して頂いて大丈夫ですよ。腕のいい職人のオーナーです。楽器が元気になるといいですね。

      2012年8月30日 8:04 PM

      • 田中翼

        平井康文様
        ありがとうございました。早速行って参りました。
        ここでは、書ききれない色々なアドバイスを頂き、本当に勉強になりました。平井様のご好意にも感謝いたします。

        2012年8月31日 10:27 PM

  3. Tomoe

    初めまして。楽器の調整などを相談する工房を探していて、こちらのブログで高橋さんの工房のことを拝見いたしました。
    知り合いのチェリストの方にも「評判が良い」とお伺いし、明日楽器をお持ちして見ていただくことになりました。
    ありがとうございました!

    2013年1月7日 12:26 PM

    • お役に立てて光栄です。

      2013年1月9日 7:37 AM

  4. humi

    はじめまして。マイチェロのことで悩んでおり、ご相談できる工房があればと願っておりました。こちらで工房のことを知りました。
    楽器を持っておうかがいさせていただくことになりました。本当にありがとうございます。

    2013年7月30日 10:51 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中