人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

9月, 2008 のアーカイブ

ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン ジャパン2008

 
仕事がクソ忙しくて音楽を聴く気持ちの余裕もなかったが、会社の同僚がリッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートのチケットを譲ってくれたので秋分の日にサントリーホールに行ってきた。ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン ジャパン2008と銘打った来日公演だが、ある人から聞いたところでは、ウィーン・フィル楽員の奥さんに多くの日本人女性がいるらしく、楽員家族の里帰りみたいな意味もあるみたい。座席は舞台の後ろ、パイプオルガン前のP席、前から2列目のド真ん中。ムーティの指揮がバッチリ拝める。今年の来日公演最終日は、ロッシーニの「セミラーミデ」序曲、ストラヴィンスキーのディベルティメント、そしてチャイコフスキーの交響曲第5番。
 
    P1010406P1010408
 
特に「セミラーミデ」は、ムーティがカール・ベームと伴に1975年に来日した際、松山市民会館で生まれて初めてウィーン・フィルを生で聴いた最初の思い出の作品。当時中学3年生だった私は、ムーティが長髪を左手でかき上げながら、華麗に指揮するその仕草に憧れた。30年以上前のシャープな音楽造りと違い、今宵のムーティは円熟そのもので、オケをグイグイ引っ張るのではなく暖かく包み込むような指揮だった。2曲目のストラヴィンスキーはバレエ音楽「妖精の口づけ」による交響組曲と題された4楽章編成のチャイコフスキーとも関連性のある初めて聴く作品。うーん、ウィーン・フィルには何故かストラヴィンスキーがよく似合うね。いつかウィーン・フィルで「ペトルーシュカ」を聴いてみたい・・・
 
休憩をはさんで今宵のメインのチャイ5。ここ最近は、マタチッチやストコフスキーのアクの強い同作品のCDばかり聴いていたので、今更ウィーン・フィルでチャイ5なんてと気が進まなかったけど、それは大きな勘違いだった。とてつもなくロマンティックで奥行きの深い響きに安心して身を任せられる。円熟したイタリアの暴れん坊将軍"ムーティ は、老眼鏡をかけお腹も出たオヤジになってたけど、音楽はイタリアンなお洒落そのもの。大感動!!!
 
フリーメーソンの関係があるから(?)か設立当時から男性楽員のみだったウィーン・フィルもこの日は5人の女性アーティストが参加していた。時代も変わったね。終演後、楽屋口でストラヴィンスキーで見事な甘い香りのソロを聴かせてくれた主席チェロ奏者のフランツ・バトロメイさんと記念撮影。。。
 
    P1010409
 
 
 
 
 
広告

デニス・ラッセル・デイヴィスのブルックナー

 
今も懲りずに「ブルックナー」オタクを続けている。過去1月半のこのブログでも5枚のブルックナーを紹介した。そして今日も・・・ タワーレコード横浜モアーズ店でオヤジ買いすると対外1-2枚は既にコレクションしているCDを間違って購入してしまう癖がある。先日もお詫びして交換してもらった。でも、ブルックナーだとそんな間違いは起こさないんだけど。
 
アメリカ生まれの指揮者、デニス・ラッセル・ディヴィスはちょっとオカマっぽい風貌してるけど、本場リンツ・ブルックナー管弦楽団を振ってブルックナー全集を着々と完成させている。最初にリリースされた第4番「ロマンティック」は初稿版を使用していたことも手伝い大変インプレッシブだった。その後の第8番もよかったし。そんな好印象を持って今回は第7番と第9番を買ってみた。(第6番も同時発売されていたけど、ちょっと苦手なので買わなかった。)輸入盤だと690円という破格のお値打ち品。
 
    064    065
 
正直、第7番はインパクトが薄くちょっとガッカリ。これなら他により優れた名演はたくさんある。第3楽章トリオの粋なテンポ感など気を引く部分もあるし、リンツ・ブルックナー管弦楽団のいぶし銀の音色も素晴らしいが。。。一方、第9番は掘り出し物って感じ。何よりスケールがデカイし、ここまで恥じらいもなく朗々と歌いきるブルックナーというのも聴き応えある。それにしても、これまでは「指揮者が解釈する最もふさわしいブルックナー像を実現する版を使用する」として初稿を中心に興味深い楽譜を使用していたが、今回は原典版としか記載がないのが残念。さすがに後期は完成度が高い作品ということか。でも、もっと我侭に振舞ってもよかったのに。
 
 
 
 
 

テンシュテットの真実

 
クラウス・テンシュテットはドイツ生まれの指揮者。もともとヴァイオリニストとしてハレ・オペラハウスのコンサート・マスターまで務めたが病気のためにヴァイオリンを諦め指揮者に転向した経歴を持つ。最後はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任し楽員からも絶大な支持を得ていた。レパートリーは広く、マーラーを大得意としていたがスケールの大きさの中に子気味いい引き締まった演奏が心地よい。そんなテンシュテットのブルックナー作品も見逃せない。ベルリン・フィルとのスタジオ録音もよいが、ここは個人的にはロンドン・フィルとのライブ録音を選びたい。第4番、7番に加えて最新リリースは1981年10月のロイヤル・フェスティバル・ホールでのBBC放送のライブ音源。演奏はダイナミックかつ雄弁でありながら、シャープな引き締まったフォルムが何とも素晴らしい。真実のみを見つめ続けた指揮者のみが成せる音楽。朝比奈隆、クナッパーツブッシュ、シューリヒトの歴史的名盤に迫る1枚だ。久し振りに買ってよかったと思えるCDに出会え、思わずニコリ・・・
 
    413
 
 
 
 
 

シルト・ドゥ・ソレイユ「ZED」

    img008
カナダ生まれで今や世界各地で賞賛されるサーカス軍団のシルク・ドゥ・ソレイユの常設シアターが東京ディズニーランドにオープンする。その最新演目の「ZED」の正式公開前のトライアウト公演にディスニーランドを経営するオリエンタルランド社さんから有難くもご招待いただき日曜日に行ってきた。サーカスと言えば子供の頃の木下サーカスしか覚えがないというのが少々お恥ずかしいが、これはスゴイ・・・、いや物凄い。レベルが違う。。。天と地を旅する物語は一つ一つのアクロバット演技が洗練されていてどの場面も飽きない。あっと言う間の2時間だった。常設劇場も綺麗でシートも心地よく、客席での飲食可能でコップ置きまであるし。音楽は生演奏で迫力あってこれ自体でも演技も盛り上げてくれる。帰りに思わずお土産ショップで記念品も買っちゃった。特に感動したのが綱渡りと空中ブランコ。ハラハラ・ドキドキしながら・・・ トライアウトでここまでの完璧な演技なんだから、10月に始まる本番公演はもっと盛り上がりをみせるんだろうな。ディズニー・シーと掛け持ちして、今度は家族全員で是非行ってみたい。
 
オフィシャルサイトはコチラ・・・http://www.zed.co.jp/about_show/movie.php
 
  P1010399  P1010403
 
 

ワルターのブルックナー2作品

 
サンフランシスコからJAL便で帰国した。インディージョーンズの最新映画は行きのフライトで観たので、帰りはジントニックと一緒に持参した音楽を楽しむ。久し振りに名指揮者ブルーノ・ワルターを楽しむ。フルトヴェングラーやトスカニーニと並ぶ20世紀の巨匠であり、特にモーツァルトと直接交友関係のあったマーラー演奏が著名だが、今回は趣向を変えてブルックナー。フルトヴェングラーとトスカニーニと比べてもブルックナーの交響曲録音は少なくないが、ワルター自身は同世代のクナッパーツブッシュやシューリヒトと比較してブルックナー指揮者としては目立たない存在だ。
 
それでは、まずは交響曲第9番。ニューヨーク・フィルを振った1946年3月のカーネギー・ホールのライブ録音。自筆原稿によるオーレル版と記載されているがノヴァーク版と大差ない。調べるとワルターには6種類の同作品の録音があるが、これは本来ラジオ放送用に録音されたものらしい。針音やノイズはあるが、ワルターの創り出すスケールの大きな音楽で全く気にならない。先入観を捨てると奥行きの深いブルックナーの感動が間近にある。
 
もう一枚は同コンビの交響曲第7番。TESTAMENTレーベルから発売された1954年12月のカーネギー・ホールでの初音源。うーん、こちらはかなり早いテンポでそっけない。同じ指揮者でこれほど同一作曲家に対するアプローチが違うものか・・・モノラル録音のハンディを背負っても演奏のダイナミズムは十分に感じ取れるが、どうも自分の嗜好と合わない。同作品には際立った名演がほかにもたくさんあるからだろうか。ちょっと後味が悪かったので、もう一度9番を聴いてから眠りについた。
 
    walter  282
 
 
 
 
 
 
 

I left my heart in San Francisco

 
日曜日の夜な軽井沢国際音楽祭から帰宅してから荷造りして、月曜日から出張でサンフランシスコに来ている。一昨日、会社の同僚と食事に行ったお店が「クラステイシャン」というユーロ・アジア系のベトナム料理お店、ここのイチ押しは胡椒タップリの地元のロースト・クラブとガーリック・ヌ-ドル。本当は甲殻類アレルギーのはずなのに、数年前にこのお店で食べたロースト・クラブだけは大丈夫だったのでこの日も注文。周りの皆は心配してくれたんだけど、「全然大丈夫だよ」とスパイスが効いた他では味わえない美味を楽しんだ。と思ったら・・・夜中に胃痙攣を起こし、朝まで七転八倒で苦しんでしまった。よせばよかったと大反省・・・ でも本当においしいので甲殻類アレルギーでない方は是非お試いただきたい。ちなみにこのお店の名前は英語で甲殻類という意味なんだよね。
 
    P1010385
 
 
 
 
 

軽井沢国際音楽祭フィナーレ

 
日曜日は私も出演する軽井沢国際音楽際のフィナーレを飾るフェスティバル・オーケストラの演奏会だった。 コンマスは東京都響コンマスの山本友重さん、セカンド・トップにはN響の森田昌弘さんが座る。ソリストでもある漆原啓子さんが1stヴァイオリンの3プルトに座るという超豪華メンバーだ。チェロ・パートはオーケストラ・アンサンブル金沢主席奏者のルドヴィート・カンタさんが参加し例年のアマチュア・メンバー5人と強い団結力。演奏していること自体が幸せなひと時だ。
 
  P1010376  P1010379
 
1曲目は、今年生誕100周年を迎えたメシアンの「軽井沢の鳥たち」。冒頭に鶯の「ホーホケキョ」というフレーズから始まり24種類の鳥の声が描かれている管楽器とピアノとパーカッションという編成の作品。降番なのでゲネプロを客席で聴いたがこんな難曲を見事に纏め上げた指揮者の横川晴児さんにブラボー!!!
 
    P1010368    P1010373
 
本番ではメシアンの特殊編成のために続くピアノ協奏曲の舞台の準備に10分程かかるので、音楽監督の横川晴児さんからの要請で場つなぎに私がミニ・トークをやる羽目に。うまくいったかどうかは分からないけど・・・ 2曲目のベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番は野平一郎さんがソリスト。舞台で演奏していてもしっとりとしたムードで落ち着いたベートーヴェンがサイコーに気持ちよかった。終演後のパーティーで野平さんから「ブログでいつも紹介してくれて有難う」と言われて光栄です。
 
  P1010375  P1010377
 
さぁて、メインはベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。これだけのメンバーと一緒に「田園」を演奏できるなんてチョー嬉しい。普段なら間延びしちゃう第2楽章の伴奏ピチカートも活き活きとした音色。どの一音も一瞬も大切にしたいと思いながら演奏できた。アンコールはベルリオーズの「ラコッツィ行進曲」で盛り上がる。ああ、これで今年の軽井沢も終わりなんだと思うとちょっと寂しい。これだけの演奏を軽井沢1回だけで終わるのは惜しいと思う。東京公演なんて企画ないかなぁ・・・
 
この数日間大変お世話になった音楽監督の横川晴児さんとアーティストの皆さん(特に毎夜の飲み会でもお世話になりました・・・)、オーケストラ・メンバーの皆さん、FM軽井沢のスタッフの皆さん、本当に有難うございました。今年も思い出に残る夏休みになりました。