人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

日曜日の音楽祭リハーサルとダルマ

 
今年も夏恒例の軽井沢国際音楽祭のリハーサルが泉岳寺のNHK交響楽団練習場で始まった。チェロ・パートは近年メンバーも固定し、オーケストラ・アンサンブル金沢主席奏者のルドヴィート・カンタさんをチェロ主席に迎え、都内のアマチュアの精鋭が集まる。今年で5年目の出演となる今年は、ヨハン・シュトラウスの「こうもり」序曲、N響主席チェリストの木越洋さんによるチャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲、そしてマーラーの交響曲第4番という豪華プログラム!!! リハーサルにも熱が入る。木越さんは直前リハーサルしか参加できないのでそれまでは代奏に桐朋学園卒の堀内詩織さんが来てくださった。(チェロ・パートで撮った写真の前列中央) すごくチャーミングな女性でいて楽器を自由に操りこの難曲をいとも簡単に弾いてしまう。最近はJTアートホールのに室内楽に出演してらっしゃるとかで、2度のリハーサルでファンになってしまった。
 
 
 
 
リハーサル後に何故かウイスキーが飲みたくなった。それも古風なサントリー・オールドが。ダルマの愛称で長年親しまれたこのウイスキーのおつまみには雪印の6Pチーズ。昭和29年の発売という歴史。これに会社で使おうと昆布茶も一緒に近所のダイエーで購入して帰宅。音楽を愛好した後に自宅でゆったりとウイスキーを楽しむ・・・なかなかオツなもんです。
 
 
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中