人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

アレンジャーとしてのマーラー、そして「第九」

 
グスタフ・マーラーは「大地の歌」を含めると9曲プラス未完の第10番の偉大な交響曲の作曲家であり指揮者としてもウィーン・フィルの常任指揮者を務めるなど、世紀末ウィーンを代表する芸術家だが、奇抜な(?)アレンジャー(編曲家)だったことをご存じの方はどれくらいいるだろう。指揮者としてのマーラーが指揮台に立つ時、作品が作曲された時代のオーケストラの編成や楽器固有の制限を取りはらい、近代オーケストラがより機能的ななったことを踏まえてオーケストレーションに独特の編曲を加えている。
 
古くはペーター・ディボリスがブルノ・フィルと録音したベートーヴェンの数々の交響曲のマーラー編曲版でそのテクスチャーを知ることが出来る。概ね管楽器をマーラー自身の巨大な交響曲作品のように倍管し、時にはチューバまで入れたり第二ティンパニ奏者を配備したりして音を厚くしている。残念ながらティボリスのCDは音の記録としては貴重だが演奏はそんなに特徴なくゲテモノの域を出なかった。
 
またブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」のマーラー改訂版をゲンナジ・ロジェストヴェンスキー&ソヴィエト国立文化省交響楽団がCD化しているがこれもゲテモノに近い。1888年第3稿もしくはシャルク改訂版をベースにオーケストレーションをデフォルメしているだけでなく100小節以上の貴重な音楽がカットされているため、原曲を愛するものには冒涜のようにも映る。
 
近年ではリッカルト・シャイーが小兵ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を振ってマーラー編曲版によるシューマン交響曲全集をCDリリースしたのが記憶に新しい。そもそもシューマンの交響曲作品はオーケストレーションが怪しくジョージ・セルをはじめとして歴代の指揮者が楽譜に手を入れている。そのためにシャイーの演奏も全く違和感なくむしろシューマンの持ち味を生かしきった編曲といえる。マーラーがニューヨーク・フィルの音楽監督時代にシューマンの作品に手を加えているが、その後就任したトスカニーニもマーラー編曲を使っていたという話もある。
 
そんなマーラー編曲の聴きごたえのあるCDがリリースされた。クリスチャン・ヤルヴィ指揮ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団によるベートーヴェンの「第九」だ !!
 
2006年9月のウィーン楽友協会大ホールでのライブ録音。クリスチャンはネーヴェ・ヤルヴィを父にパーヴオ・ヤルヴィを兄に持つ指揮者で同楽団の音楽監督である。これはゲテモノではなく、ピリオド奏法が流行の昨今のオーケストラ演奏に切り込む、よい意味での問題提起となる正真正銘の「第九」として高く評価できる。兄のパーヴォが昨年ベートーヴェンの「第九」を新ベーレンライター版でCDリリースしたこととの比較も面白い。
 
 
 
第2楽章スケルツォの主題をトランペットに朗々と吹かせたり、通常版のスコアを見ながら聴くとその違いは歴然としている。ホルンは倍増にバス・チューバも加え、もちろん第4楽章冒頭は今では通例ともなった金管楽器の欠落している音を全て拾いあげている。それでいてテンポ感は機敏でダレない。ダイナミック・レンジが大きいのだ。プレストの処理も自然でプライトコプフ新版にも共通する全音符=116を踏襲している。私に言わせるとインターネット時代の「第九」って感じかな。ライナーノーツによると、1895年にマーラーが「第九」をハンブルグで指揮した際には、第4楽章のアレグロ・アッサイ・ヴィヴーチェでRemote Orchastra(つまりバンダのような形で舞台裏から演奏させるってことかな?)まで使ったと記されている。やるねぇ。マーラーは・・・惜しむらくは、終楽章の歌手と合唱が超一流でないのが残念。音程も怪しい箇所があり、もっと洗練された歌手陣だと最後余計に盛り上がり引き締まったんじゃないかな。今年の年末はクリスチャン・ヤルヴィの「第九」を我が家で流そう!
 
 
 

人気ブログランキングへ

広告

コメント / トラックバック1件

  1. amabile

    マーラー編曲の第九ですかぁ。興味深いです。クリスチャン・ヤルヴィのCD聴いてみたいなぁ♪第九って深いですね♪平井さんも弾かれる機会が多いのでは?私は昨年から歌も復帰して、年末は金聖響さん、オーケストラ・アンサンブル金沢のゆったり美しい第九と、リープライヒ、大フィルの生き生きと推進力ある表情豊かな、対照的な第九を歌いました。それと地元の第九の会では、寺岡清高さん、大阪交響楽団(旧 大阪シンフォニカー交響楽団)で。寺岡さんもテンポの速い勢いある表情豊かな第九でした。第九って面白いと初めて思いましたぁ♪

    2010年5月10日 6:28 午後

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中