人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

2月, 2007 のアーカイブ

Nosso Tom

 
土曜日の夜です。家族で横浜でたっぷり食事したあと帰宅して、何だかのんびりできてホッとしてます。こういうときの音楽には食事のあとのデザートのように(そういやぁ、ケーキ食べたんだけど・・・)、重た過ぎずノリがよくてムードがあるジョビンはいかがでしょうか。"Nosso Tom – 偉大なるトム"というタイトルのコレクションアルバム。1994年に亡くなったボサノヴァの父、アントニオ・カルロス・ジョビンの生誕80周年を記念して1月に発売されたCDです。「イパネマの娘」や「One Note Samba」、「Wave」などの美しい作品が、個性あふれる現代日本のアーティスト達によって蘇っています。語りかけてくるようにピーカーから流れる曲がどれも自然なんだな。全然古くさくない。急にラムベースのカクテルが飲みたくなった・・・ 近くのコンビニに買いに行ってこようかな。
 
 
 
 
 
広告

佐山雅弘の魅力発見

 
タワーレコード横浜モアーズ店のJazzコーナーをウロチョロしてたら目を引くCDジャケットを発見。ジャズ・トリオとオーケストラが描かれたイラストレーターの和田誠氏の書き下ろしです。これはジャズ・ピアニスト佐山雅弘を中心としたジャズ・ピアノ・トリオM’sのミューザ川崎での2006年11月のライブレコーディングCD「WE GOT RHYTHM」でした。オーケストラの意味はライブの中で飯森範親指揮東京交響楽団とのCDタイトル曲でのフーチャリングです。このCDが私の佐山雅弘とのはじめての出会いです。大人のムード、肩のちからを抜き自信たっぷりなサウンド。何故か日本人の心にフィットするJazzって感じなんです。
 
気にいってもう1枚買ってみました。こちらも和田誠氏のイラスト・ジャケット。佐山雅弘50才バースディに東京文化会館小ホールで演奏されたJ.S.バッハのゴルトベルグ変奏曲です。そのチャレンジ精神がうれしい。ライナーノーツのインタビューでご本人は相当アガったと語っています。グレン・グールドのバッハに衝撃を受けた彼が奏でるバッハは、同じジャズ・ピアニストのキース・ジャレットの同作品(ハープシコード演奏)とは対極にあり、不器用でゴツゴツしててミスタッチもいっぱいあるけど、なんか武士道を感じるんだな・・・結構好きです。
 
 
 
 
 
 

ヘビメタApocalyptica

 
普段、ロックとか、ましてやヘビメタとか全く興味ないし体が受け付けないのだけれど、先日タワーレコード横浜モアーズ店のお会計カウンターに並んでいる時、後ろで流れているDVDを観てビックリ。チェロ4本によるヘビメタじゃないですか。アクレッシブなサウンド。なんじゃコレと支払い済ませてから暫く観てたんだけど、APOCALYPTICAというユニットらしい。
 
帰宅してインターネットで検索したら出てきた。へぇーっ、ヘルシンキ・シベリウス音楽院出身のチェリスト4名で結成されたロック・バンドなんですね。と言うことは、大好きなチェリストの長谷川陽子さんと同窓ってことになりますね。この4人、立ったままでチェロをガンガン鳴らす。こんな音も出るんだぁ。まだまだ音楽の世界は広いです・・・
 
早速音楽ダウンロードで「CULT」というタイトルの1枚購入してみました。メローな曲も入っていてユニークです。
オフィシャルサイトはこちら: http://www.apocalyptica.com/home/
 
 
 
 
 

ArtGaia チケット・クラシック

 
タワーレコードでチケット・クラシックという雑誌を見つけました。年間12冊で6,300円の定期購読ですが、こうやって無料でも配布しているようです。あれっ、この雑誌、経済同友会の会員で個人的にも仲良くしていただいている柴山会長のArtGaia社が発行してるんですね。他のクラシック紹介誌と違い、広く芸術をテーマに絵画などの美術作品にも触れる企画です。音楽評論の視座もマニアックでなく分かりやすく好感持てます。先週柴山さんにお会いするチャンスあったのに、この雑誌の存在を知らなかったのは残念。今度お会いしたらお話してみようっと。
 
 
 
 

立ち呑みシリーズ: buri

 
先日ご紹介した「東京立ち飲みスタイル」という雑誌を入手してから、ちょっとハマッています。シリーズ第3段は、恵比寿の立喰酒場buri。JR恵比須駅前の東京三菱UFJ銀行の角を入って数分。前面ガラス張りの店内は、モダンで効率よく配置されています。(トイレの場所にビックリでした。) ココのおススメは何といっても30数種類もの全国から取り寄せた日本酒のカップ酒。適温で管理されており、独自の貯蔵方法で凍結酒も用意されています。(下の写真のカップ酒はデコレーションで注文した時は冷蔵庫から出てきます。)おつまみの料理も超豊富。アボガドのサラダや茄子と茗荷のおしたしなど創作和食で手が込んでいます。焼き鳥はホンモノの備長炭炭火焼き。テーブルには柚子胡椒が準備されており、七味唐辛子をかけるよりジューシーな焼き鳥に合うんです。女性客が多いのも特徴。私が行った時も女性一人客が数名いたということは、安心して呑めるお店なんですね。みんな思い思いの飲み方で楽しんでいます。お店のスタッフも人懐っこくてアットホーム。とても立ち呑みとは思えないクオリティーです。椅子がない分、会話も近距離で本気になれる、そんな素敵なお店を見つけました。
 
 
 
 
 

日曜日の音楽会

 
日曜日は、日立製作所の役員さんからご招待いただいたので日立製作所の社員で編成された日立フィルハーモニー管弦楽団第22回定期演奏会を聴きに上野の東京文化会館に行ってきました。指揮者に長年チェコで活躍されている武藤英明氏を迎えてのドボルジャーク「謝肉祭」序曲とスメタナ連作交響詩「我が祖国」という渋いプログラム。久々のアマチュア・オケの演奏会でしたが、会場はほぼ満席で、アマチュアとしても演奏レベルも高く、熱のこもったいい演奏会でした。企業オーケストラもたくさんあります、東芝、NTT、東京電力、東京ガス、ソニー・グループ、IBMなどなど。当社にもマイクロソフト管弦楽団ってあるんですよ。会場で日本コロンビアから発売されている定期公演のライブCDを発売していたので、その中から2001年の第11回公演でのブルックナー交響曲第9番を2,000円で購入。自宅で聴くと弦セクションの音程の甘さが目立つものの金管のキレがよくなかなか渋い出来です。同じアマチュアの舞台を見ているとやたらにチェロが弾きたくなる・・・ 来週末はほぼ1年振りに自分の所属するオケのリハーサルに参加予定です。
 
 
 
 
 

アシュケナージのチャイコフスキーとクレープ

 
土曜日はNHK交響楽団定期公演でNHKホールに行きました。音楽監督のウラディーミル・アシュケナージの指揮でチャイコフスキーの交響曲第2番《小ロシア》と第5番というプログラム。既に同コンビは第3番《ポーランド》、第4番、第6番《悲愴》をExtonからCDリリースしていますが、今回も定期公演に先立ちセッション録音したそうです。さて演奏は私の予想というか思い込みに反してあっさりストレートな演奏。《小ロシア》はウクライナ民族色を出さずさらっとチャーミングな仕上がり。第5番も速めのテンポで奇をてらわない解釈。アクセントも強調せず音楽の流れを止めないことを優先した感じ。第2楽章の哀愁に満ちたホルン・ソロと同楽章最後の息をのむようなppはお見事でした
 
終演後、Microsoft presents N響プレミアム・コンサート企画の打ち合わせでN響の方々とオ・タン・ジャディスというクレープ屋さんに行きました。渋谷でクレープをオヤジが食べるシーンで想像できないでしょうが、チャラチャラしていない。ここではフランスのブルターニュ地方料理のそば粉のクレープを食べられます。私はチキンの挽き肉のディジョン産マスタード風味のディジョネーズを注文。サラダも付いてます。これと林檎酒のシードルが合うんですよ。もう一枚、デザートがわりに塩バターキャラメルの小麦粉クレープ。甘さを抑えた大人の塩味。へぇーっ、クレープは女の子の食べ物ではなかった・・・
 
 
 
 
 

のだめ#17

 
のだめカンタービレのコミック第17巻を買いましたよ。本屋でもないのにタワーレコードでもヤマハでも平積みしているのは何故? 今回はニールセン交響曲第4番《不滅》の演奏シーンから始まります。この作品の特徴を言い当てて妙。ルー・マルレ・オーケストラの第2391回定演のプログラムは、チャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》、バッハのピアノ協奏曲第1番、そしてベートーヴェンの交響曲第4番という組み合わせ。ニクイねぇ、ここまで本格的だとは。本当のコンサートであれば聴きに行きたくなる。
 
コミックのはさみチラシに、ニンテンドーDSとプレステ2用ののだめゲーム発売予告が入ってた。うーん、Xbox360ではないのだけれど欲しいです。
 
 
 
 
 

武満徹 ミニアチュール

 
自宅のCDコレクションを整理していたらまだ封切っていないCDが何枚か出てきました。そのひとつが、ドイツ・グラモフォンに録音された「武満徹 ミニアチュール」と題したアンサンブル作品集3枚でした。昨年没後10年を迎えた武満徹を記念してTOWER RECORDSが1枚1,000円で復刻した限定モノです。限定発売だからといって買い込んだのだけれど何故か今日まで聴く時間がなかった、というより聴く勇気と気持の余裕がなかったのでした。
 
どの作品も武満らしい有機質な透明感と自然な刹那があります。現代音楽ですから耳に馴染まない部分はありましたが、これを聴きながらだと仕事もはかどるんです。何故だかわかりませんが。。。ライナーノーツに武田明倫氏の時間芸術としての音楽に関する文章が掲載されています。「"音楽"は"時間"の領域に住まいし、"時間"の経過と一体のものとして私たちに認知される。(中略) また"作曲"とは"時間"にその住まいに他ならぬ"すがた"を与えることだ。」
 
なるほど、武満の音楽が仕事しながらでもスーッとからだに沁み込むのは、時空の中で彷徨う固有の音、その音が互いを支配せず自然と重なり合っていく"すがた"のせいかもしれません。
 
 

朝比奈隆の「革命」と「千人の交響曲」

 
ビクターレコードとタワーレコードの共同企画で歴史的価値の高い録音を復刻するTOWER RECORDS VICTOR “HERITAGE COLLECTION"は注目ですよ。その中でも日本を代表するマエストロ、朝比奈隆&大阪フィルの軌跡ともいえるマーラーの交響曲第8番《千人の交響曲》(1972年6月定期公演ライブ)とショスタコーーヴィッチ交響曲第5番《革命》(1981年2月定期公演ライブ)のカップリング2枚組CDが1,500円で発売とはファンにうれしいニュースです。宇野功芳氏と小石忠男氏のライナーノーツ解説も読みごたえあります。
 
私のおススメは付録(?)の《革命》かな。ブルックナー指揮者の朝比奈が素朴に武骨にロシア音楽に取り組んでいます。大フィルの音も分厚くドラマティックで説得力があります。フィナーレの打楽器の強打で私は完全ノックアウトされました。一方、《千人の交響曲》は、大フィル第100回定期の記念イベント。4管編成のオケ119名、独唱8名、2組の混声合唱620名、児童合唱260名、文字通り1,000人によるマーラーです。その音楽価値は認めるものの録音が散漫でちょっと残念。金管がオンマイクな割りに、独唱と合唱がぼやけて歌詞が聴き取れない。生演奏ではそれはそれは素晴らしい演奏だったろうに。。。
 
大阪では、昔は朝比奈隆を、そして今は大植英次の指揮をいつも聴けるって本当にうらやましい限りです。