人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

9月, 2007 のアーカイブ

オーケストラの職人たち

 

横浜は冷たい雨が振っています。昨年6月に亡くなった指揮者岩城宏之氏は、エッセイストとしてたくさんの著書を残していますが、その中から今回のシアトル出張の機内で読もうと「オーケストラの職人たち」という本を持ち込みました。でも結局、機内の映画に夢中になって読めず、結局週末自宅でのんびりしながら読みました。

機内で観た映画が何かって? 「ファンタスティックケフォー銀河の危機」と「オーシャンズ13」と「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」です。正直どれもイマイチだったんだけど・・・

     オーケストラの職人たち (文春文庫)

オーケストラの職人たち (文春文庫)
岩城 宏之

文藝春秋 2005-02
売り上げランキング : 24797
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

話を戻して・・・ 岩城宏之氏のエッセイは、なかなか面白く読ませてもらいました。クラシック音楽界の裏方仕事 – 事務局、楽器運搬、写譜、調律師、チケットもぎり等々 – を興味深く紹介しています。みんな音楽が三度の飯より好きなんだな。文中で「音楽や絵画にわかるとかわからないという言葉を使うのは日本人だけだ。理屈こねないで、おおらかに嫌いと言って欲しい。」との指摘に納得です。 平成3年には日本エッセイスト・クラブ賞も受賞している同氏の文章は、指揮と同じでカッコつけずに武骨で正直です。

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 

広告

レイク・ワシントンとワイン

 

金曜日の夕刻にシアトル出張から無事帰国しました。今回の出張では世界中からお集りいただいたお客様エグゼクティブとワシントン湖クルーズに出かけました。沈みゆく夕日と満月の月光りがとても印象的でしたよ。

     P1000032   P1000036

夕食時にいろいろとワインを楽しむ機会もありました。レセプションで5-6種類の地元ワイナリーが出店しての試飲会だったのだけれど、日本から参加したメンバー全員一致でウマいと言われたのが、ワシントン州Yakima ValleyのDeLille Cellars 2004年。カベルネ65%とメルロー25%とその他のブレンドだけれど、パワフルで存在感あるし、あと口がしなやかでした。小売で72ドルって言ってた。試飲なのにグラスで3杯いただきました。タダ酒だとついつい呑んじゃいます。。。 

     P1000031

もう一本滞在中に楽しんだ白ワインで気に入ったのはL’Ecole No.41 2005年。Columbia ValleyのChardonnayです。酸味もほとんどなくボディがしっかりしていて口当たりはスムーズ。本社の同僚のCurtさんのイチ押しでした。以前カリフォルニア・ワインのPaul Hobbsという同じChardonneyが大好きだったんだけど、それに近い味わいではるかに安いのがいい。ワイン談義で素敵な夜でした。でもちょっと呑み過ぎ・・・

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 


シアトル・マリナーズ

 

1年半振りにシアトル・マリナーズの本拠地のセーフコ球場に来ました。この日はクリーヴランド・インデアンズとの一戦。前回のブログで書いたクリーヴランド管弦楽団はメジャー・オケでシアトル交響楽団よりはるかに格が上だけど、メジャーリーグではシアトル・マリナーズの方が格上。イチローも城島もスタメン出場でした。イチローは5打数2安打でしたが、延長12回の混戦の末負けちゃった。私が観戦すると勝てないジンクスがあるみたい・・・

   P1000023   P1000021

今回は日本からお越しになったお客様とご一緒したのでマイクロソフトの所有するプライベートスイートでの観戦。気持ちいいです。地ビールのレッドフックESBとホットドッグを頬張って。シアトルはたっぷり秋の気配。気温も夜は華氏53度だから、摂氏11度。ワイルカード進出も夢となったマリナーズの観客席も空席が多く寒かったです。

   P1000016

  

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。


ウィンザー=メストの第九

 

2010年から小澤征爾の後を受けてウィーン国立歌劇場音楽監督のポストが決まっているフランツ・ウェルザー=メストが子兵クリーヴランド管弦楽団を振ったベートーヴェンの交響曲第9番《合唱付き》がドイツ・グラモフォンからリリースされました。公式ホームページはこちらです。ウェルザー=メストがオザワの後任に指名されたことは私の想定外の事件でして、サイモン・ラトルがアバドの後任としてベルリン・フィル音楽監督に指名された時と同じくらい、いやそれ以上の驚きでした。このCDを購入するまでウェルザー=メストのCDって1枚も持ってなかったし、コンサートも聴いたことがありませんでした。

     172

ウェルザー=メストは1960年生まれで私と同じ年なので同世代の抜擢は勇気づけられます。写真見ると肌がツヤツヤしてて若く見えます。オーストリア・リンツの生まれでありウィーン国立歌劇場としても久々の地元出身ということになります。でも19歳でカラヤン指揮者コンクールのセミ・ファイナリストに残ったというプロフィールが堂々と残っていること自体、まだ大物じゃないんじゃないかと心配します。テンシュテットの後を受けて音楽監督となったロンドン・フィルではコンサートマスターを含めて主要楽員が退団するという事件に巻き込まれ、オケと良好な関係にあったとは言い難かったのかも。彼の性格にはむしろアメリカの合理的なオケの方が会っているのかもしれません。2002年からはジョージ・セルに鍛え上げられたヴィルトゥオーソ・オケである名門クリーヴランド管弦楽団の音楽監督です。

私のニューヨーク赴任中、唯一聴き逃したオケがこのクリーヴランド管。地元ニューヨーク・フィルはもちろん、ボストン響も、フィラデルフィア管も、シカゴ響も、サンフランシスコ響も、ロス・フィルも、はたまたボルチモア響まで聴いたのに、田舎町のクリーヴランドに行く機会がなかったんです。もちろんCDではジョージ・セルが大好きな指揮者のひとりなので同コンビの演奏には多く接してるんだけど。

今回の《第九》は、今年1月11日から13日の本拠地、セヴェランス・ホールでの定期演奏会のライブ録音です。ライナーノーツによると年末に《第九》を演奏する習慣のない米国なので、クリーヴランド管にとって2002年1月(ドホナーニ指揮)以来の《第九》演奏だそうです。タワーレコード横浜モアーズ店で視聴した際には、スマートで切れのいい演奏という印象があり期待して購入したんだけど、自宅で聴くとアレって感じ。。。音楽的に個性が弱いと感じてしまう。当日のコンサート・プログラムにウェルザー=メスト自身が寄せたメッセージによると、「ニ短調は"死"、変ロ長調は"信頼"と"希望"、ニ長調は"勝利"と"歓喜"」を表現しているという。それは私も同感。残念ながら、その意図がCDに収められた音楽から感じ取れない。《第九》は日本人にとって特別な作品だし、聴く&演奏する機会が他国と比較して桁違いなので、肥えた耳には特にそう感じるのかもしれません。

クリーヴランド管の前は、ヨーロッパで注目されているチューリッヒ歌劇場で地道な修行を重ねてきたウェルザー=メストですが、音楽的才能とカリスマ性と金勘定の経営手腕も求められるウィーン国立歌劇場を円滑にマネージできるかお手並み拝見です。この1枚のCDでは判断するのは性急すぎるかもしれませんが、出る杭はどんどん打たれていいと思う。変によい子ぶらないで欲しいですね。同じ年齢の一人として応援していきたいと思います。

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。


ノースウエスト航空ラウンジ

 

福田新総裁の誕生ですね。政局安定を願います。日曜日からシアトル出張です。折角の三連休がなくなっちゃいました。成田空港にノースウエスト航空の新しいラウンジが出来ました。15番ゲートの上の階です。出発前の1時間程をココで過ごしましたが、極めて快適です。ホワイトと木目のツートンカラー。無料のお寿司やサラダ、ショートケーキや、スープも中華風とクリームシチューの2種類。奥にはシャワールームとキッズルームもあります。

     001  002

壁側にはズラッとMac PCが・・・誰でも無料でインターネットを利用できます。ホワイトのMac PCがラウンジの雰囲気と会っていて、マイクロソフトでは出来ない芸当かも。そう言えば、昨日の東京Jazz2007の入場者全員にiTunesの無料音楽ダウンロードができるカードも配ってましたね。敵ながら(?)あっぱれデス。。。

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 


小曽根真@東京Jazz2007

 

東京国際フォーラムで開催されている東京Jazz2007。今年で6年目なんだけど小曽根真は初出演なんですって。土曜日の夜の公演に当日券を手に入れて行ってきました。会場では野外ライブもあるし、屋台もたくさん出てて盛り上がってました。

   070922_172620  070922_172225

オープニングのスペシャル・セッションはザ・ベニー・ゴルソン・カルテットで始まりました。トム・ハンクス主演の映画「ターミナル」で主人公が会いに行こうとしたサックス奏者が彼。ジャズ界の歴史みたいな78歳のベニー・ジョンソンによるシックな大人のジャズは心に沁みました。

休憩をはさんでマイク・スターン・バンドで小曽根真が登場。キーボードとピアノを弾き分けてノリのいいセッションでした。本来ギターがあまり好きでないので(学生時代に弾けなかったコンプレックス?)、マイク・スターンの巧さにコメントできないんだけど、小曽根真がフィーチャリングしていただけで満足かな。

     306

その小曽根真の13年ぶりのソロ・アルバム「Falling In Love, Again」が最近のお気に入りです。ジャンルを超えた名曲を小曽根真の自由な感性で表現してくれています。しんみりするなぁ・・・インプロヴィゼーション5曲もモーツァルト風だったり、サティを思い出したり、ストラヴィンスキーに似たリズムが登場したり、ドビュッシーみたいだったり。時空を超えてピアノを愛する人たちに贈りたい素敵なアルバムです。

さぁて、これから旅支度を整えてシアトル出張です。(三連休なのに、トホホ・・・)

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 


プレヴィンとN響

 

NHK交響楽団第1600回定期公演は、改装されたサントリーホールでアンドレ・プレヴィンを迎えてのコンサート。笙の宮田まゆみとの武満徹のセレモニアル、コープランドのバレエ組曲「アパラチアの春」そしてメインはラフマニノフ交響曲第2番というゴージャスなプログラムでした。1999年以来のN響との共演となるアンドレ・プレヴィン見たさ(聴きたさ)に、この日のコンサートに来るために会議や会食をスケジュールしなかった私の秘書のTさんに大感謝。リニューアルされたサントリーホールはバリアフリーで障害者に優しくなったし、ホール内内壁も張り替えてシートのクッションもよくなって奇麗になりました。

武満徹のセレモニアルは1992年のサイトウ・キネン・フェスティバルで小沢征爾によって初演された作品で、笙の序奏が印象的です。神秘的な響きで会場にも神妙な緊張感が走ります。2曲目の「アパラチアの春」は私もニューヨーク赴任時代にノーウォーク交響楽団所属時に演奏した思い出の曲。最初は座席(1階10列15番)とホール音響の馴染みのせいで凝縮感に欠けるうな気がしましたが、弦セクションを中心に透明感とハッとする色彩感にうっとりしました。プレヴィンの自信あるアプローチにオケの姿勢にも余裕がありましたね。

ラフマニノフの交響曲第2番は今回来日の最大の注目。プレヴィンは3回もレコーディングしていて、プレヴィンがこの作品を有名にした立役者といってもいいくらいです。私も過去2年で2回演奏したこともあり、チェロのパート譜面を見ながらの鑑賞。どんどん高まる期待値に対して、本番はちょっとイメージと違う禁欲的で大人っぽいノスタルジックな演奏でした。本来もっとロマンティックで華麗な演奏を期待していたけど、かなり安全運転。特にヴァイオリン・セクションはおとなしい。比較して店村さん率いるヴィオラ・パートと藤森さん率いるチェロ・パートは抑揚も効いてグイグイと音楽を牽引し、かなりノッてましたね。プレヴィンも79歳。1996年にタングルウッド音楽祭でボストン交響楽団を振ったマーラー交響曲第4番では颯爽とした指揮ぶりでしたが、今回は椅子に座っての老齢な指揮者に変貌していました。アシュケナージ退任以降音楽監督ポストが空席のN響。現在フリーのプレヴィンが就任してくれたら、おもしろくなるんだけどなあ・・・

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 


とっておきのBar

 

一日の締めくくりとして静かに飲みたいときもある。とっておきのウイスキーにシガーを燻らせて。気の利いたバーテンダーがいてお客の会話を邪魔せずタイミングよくお酒を注いでくれる。そんなお店が銀座8丁目にあるWine Bar池田です。かれこれ4年くらい思いついた時に通っています。先日お客様の役員さんと二人で会食会の最後の仕上げに久しぶりに立ち寄りました。

            070903_225608

この日はスコットランドのナンバーワン・ブレンダーと呼ばれたリチャード・パターソンのDALMORE 1974年(アルコール度58度)をササキ・クリスタルのおしゃれなグラスでいただきました。このグラス、底辺が不思議な形をしていていろんな置き方が出来るんです。キューバ産の小型のシガーが約40分煙るので1本吸い終わったらお勘定してもらって。そうしないと美味いウィスキーを飲み過ぎて翌日に堪えるし。とっておきの大人の隠れ家みたいなお店です。

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。

 


自由時間

 

敬老の日は午後から紀尾井ホールで東京ガス管弦楽団の定期演奏会を聴きに行きました。仕事でお世話になっている東京ガスの役員がこのオケでフルートを吹いています。グリーグ没後100周年を記念してペールギュント第一組曲とピアノ協奏曲、そしてブラームスの交響曲第2番という意欲的なプログラムでした。企業オケとして1955年発足という日本一長い歴史を持つ同楽団。音楽が本当に好きなんだなと印象づける熱い演奏はとても好感持てました。

紀尾井ホールを後にして、ちょっと時間があったので銀座の山野楽器に立ち寄りました。先日来、何かモヤモヤしているベルリオーズの幻想交響曲のスコアを確認するためです。チョン・ミュンフンやアバドのCDで聴こえる第2楽章のコルネット(もしくはトランペット)は何か・・・私が持っている全音のスコア(当時700円)は確か高校生の頃に買ったものでした。それ以来幻想交響曲のスコアに興味を持っていなかったのですが、楽譜コーナーを物色しオイレンブルグ版やドーバー版などの楽譜を調べると違いが明白になりました。一番詳しいのは音楽之友社から発刊されているスコア。解説を読んで納得。あの第2楽章はオブリガート・コルネットでベルリオーズの自筆フル・スコアにも記載されているそうです。1844年5月4日のコンサートに出演したコルネットの名手のために書かれたものらしい。音楽之友社版のスコアには小さな音符でちゃんと表記されていました。ドーバー版にもちゃんと記載されていたけど、もうひとつの特殊楽器オフィクレイド(現在はチューバで代奏)の楽譜まで載っているのは音楽之友社だけでした。日本の楽譜といってあなどってはいけませんね。

モヤモヤが解消できてよかった・・・スコアは読み込めば読み込むほどに発見があります。通勤電車の中の暇つぶしにもいいです。

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。


3連休の幻想交響曲

 

3連休ですね。そして音楽の秋が近づいてきました。先週来、ベルリオーズの幻想交響曲が気になって仕方ないんです。「ある芸術家の生涯の挿話」と名付けられた表題音楽。私の性格として注目している事、気に入ったものはトコトン追及したくなるんです。そこでタワーレコード横浜モアーズ店でまたまた追加購入。こんなつまんない話題に付き合っていただく必要もないんだけど、何故か書きたい。聴けば聴くほどハマるんですもの・・・

322  678  466

まずは、クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団(1983年2月デジタル録音)。金管楽器の名手揃いのシカゴ響による鮮烈で切れ味のよい録音は聴きごたえあります。第5楽章の鐘は広島の平和の鐘が使用されているらしく、通常の鐘よりも重低身の味わい深い響きは聴きモノです。第2楽章にはチョン・ミュンフン同様に楽譜にないトランペットかコネルット(?)が聴こえるんだけど気のせいでしょうか?

続いて小澤征爾指揮トロント交響楽団(1966年12月ステレオ録音)。トロント響の音楽監督に就任して2年目、オザワ31歳の若き肖像です。作為のないストレートな表現なんだけど瑞々しい感性が迸る。第3楽章のヴァイオリンとヴィオラのピチカートなんかはナヨナヨしてなくて生命感が宿っています。第5楽章のフルートとオーボエによる怪奇の笑声の部分はオザワらしいユーモアも感じさせます。第5楽章206小節からの鐘はC音だけでG音が鳴らず、どうみても録音ミスではないでしょうか・・・ それとも何か特別な意味を持ってたりして。わかんないけど。

さて、LP時代を懐かしんでシャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団(1967年10月ステレオ録音)も往年の名盤も買ってみました。組織されて間もないヤル気満々のパリ管の手綱を当時70歳のミュンシュが見事に引き締めたスケールの大きな演奏は今でも色褪せていません。第5楽章の冒頭の極端に遅いテンポ設定による不気味さは他に類を見ないでしょう。同コンビによるブラームスの交響曲第1番(1968年1月録音)と同様に歴史に残る名盤です。

なんだかんだで日曜の夜も更けてきました。明日は祭日なので、もうちょっとCD聴いてから寝ようっと。

 

人気ブログランキング登録中です。ご協力感謝します。