人生を豊かにする音楽・居酒屋・旅にまつわる気ままなブログ

11月, 2006 のアーカイブ

焼酎とトマトジュース

 
昨晩は、元麻布の日本料理「かんだ」でお客様との会食。相変わらず素晴らしいお料理でした。その場でお客様から教えていただいた飲み物・・・焼酎に無塩添加トマトジュースを入れて、ちょっぴり山葵を混ぜて飲む。ブラッディマリーの焼酎バージョンて感じかな。普通のトマトジュースだと塩が入っているのでそぐわないけど、カゴメのまるごとトマトが一番いいらしい。焼酎も芋より麦か米のほうが合うらしい。なんか健康的な感じがします。こんな飲み方ご存知でした???
 
 
広告

ノリントンのマラ5

 
昨日ピリオド奏法について書きましたが、ピリオド奏法の大御所ロジャー・ノリントンが小兵シュトゥットガルト放送交響楽団を振ったマーラー・シリーズ第3段の交響曲第5番がリリースされました。全編にわたり丁寧なつくりで透明感のあるマーラーです。あの有名な第4楽章アダージェットのノン・ヴィブラートは今まで体験したことのない不思議な響きでした。ライブ録音でこれだけの集中力というか凝縮力のある演奏をするこのコンビは只者ではない。時代の変遷とでも言うのでしょうか。巨匠フルトヴェングラーやトスカニーニの世相を反映した演奏を経て、帝王カラヤンやバーンスタインそしてべームの時代が訪れ、今やノリントンやアーノンクールの主張が当たり前となった。オーケストラの世界序列をも揺さぶりかねないビリオド奏法。でも僕はノリントンのこのCDを繰り返し繰り返し聴くことはないだろう。やはりマラ5であれば事あるごとに、バルビローリの端正さ、カラヤンの華麗さ、そしてシェルヘンの奇抜さに、それほど意味はなくとも惹かれてしまうのです。アマチュアの僕たちでは到底ピリオド奏法のまねできないだろうし・・・
 
 
 

ピリオド奏法

 
 
日曜日のNHK教育テレビの芸術劇場で、今話題のピリオド奏法についての特集をやっていました。ゲストは指揮者の金聖響さんでした。東京交響楽団が指揮者ズダーンのもとで2年間にわたりこのピリオド奏法を実践したり、あのN響がリオド奏法の大御所ロジャー・ノリントンと初共演でヴィブラートなしのピリオド奏法に挑戦したりと話題豊富でした。N響との初リハーサルの時は楽団員もかなり戸惑ったみたいです。そもそもヴィブラートをかける奏法は、1940年頃までなかったというのがノリントンの主張です。ヴィブラートでごまかすことなく、性格な音程と右手のボーイングで表情を演出する。とても難しいことです。金聖響さんは、ピリオド(あの時代のとういう意味)奏法の特徴をヴィブラートとアーティキュレーションとテンポの3つに集約していてました。彼の指揮するオーケストラアンサンブル金沢とのベートーヴェン交響曲もピリオド奏法を施行していますね。来年には、金さんがN響に登場します。その時もピリオド奏法に拘るのか、N響の伝統に阻まれるのか、今から楽しみです。。。
 
 
 

銀座ヤマハのチェロフェスタ

 
ヤマハ銀座店で11月23日から26日までチェロフェスタという催し物をやっていました。毎日1階のミュージックステージで無料のミニコンサートもあり、3階では大量の楽器展示。
 
日曜日に、4階のヤマハホールで東京都交響楽団主席チェロ奏者の古川展生さんプロデュースのコンサートを聴いてきました。前半は、ヤマハのチェロ教室の生徒さんのアンサンブル。フンクの「組曲」やグリーグの「ホルベルグ組曲」をプロ演奏家も交えての演奏。12才から61才までと幅広いチェリスト達がアンサンブルを楽しんでいました。後半は、古川展生さんや山本佑ノ介さんら4人のチェロカルテットの演奏。バッハの「シャコンヌ」やロシア民謡などチェロの4本による多彩な音色を披露してくれました。
 
終わって、楽器展示コーナーで何本かの楽器を試奏。フランスものとイタリア新作でいい音の楽器がありました。新作はこれから音を作っていかなれけばならず、まだ落ち着きのない音色だけどよく鳴ります。フランスものは、A線のしっとりした音色が特徴。欲しいけどなぁぁぁ・・・ラファンの鑑定書付でフロックがべっ甲のサルトリの弓が760万円かぁ。うーん、買えないよね。それから楽器ケースを物色。チェロケースも軽くなったしカラフルになりました。僕の今のケースはもう10年以上使っていて老朽化(?)してきたので、買い換えようと考えています。でも、30数万円は高い・・・
 
 

溝口肇のOPERA?

 
 
僕の大好きなチェリスト、溝口肇さんがデビュー20周年記念アルバム「OPERA?」をリリースしました。テレビで富士通提供の長寿番組「世界の車窓から」のオープニングテーマを作曲&演奏しているのが彼です。
 
ホテルニューオータニのバテシエ料理長、中島眞介氏が、溝口オリジナルスイーツを創作。これをヒントに書き下ろした作品も収録されています。GOTITIや山下洋輔など、この20年間の溝口ワールドで出合ったアーチストとのコラボも。締めは、お馴染みのEspaceで。
 
独特の甘くしっとりしたチェロのサウンドは心和みます。楽譜が発売されていたので溝口作品を何曲が自分でも弾いたことがありますが、あんなに色っぽくならないんだなぁ、これが・・・
 
 
 

村治佳織 ライア&ソネット

 
 
久しぶりのCD紹介です。CDを買っていなかったわけではないんだけれど聴く暇がなくて。今日ご紹介するのは、ギタリストの村治佳織のニューアルバム「ライア&ソネット」。バロックをはじめとする古楽をメイン・レパートリーとするイギリスの声楽アンサンブル、ザ・シックスティーンとの協演です。タイトルは、古いイギリスの言葉でリュートと歌声という意味だそうです。
 
これがスゴクいいんだな・・・端正なギターと透明感のある声楽ハーモニーが新しいサウンド感で。アンチェータやヴィクトリアなどのスペイン・ルネサンス期の声楽作品も静かな佇まいで心が洗われるけど、パッヘルベルの「カノン」、ヴィラ・ロボスの「ブラジル風バッハ第5番」や「ダッタン人の踊り」が新鮮な編曲で何度も聴きたくなる。清楚で純白な世界、、、こんな美しい世界があったんだ。。。全20曲、どれも芸術的価値も高いと思います。
 
実は、村治佳織の隠れ大ファンなのです。残念ながら一度もコンサートに行けてない(行こうと思ったらいつも売り切れ・・・)のだけど、携帯の待ちうけ画面は、村治佳織なのデス。タワーレコードでこのCDを買ったら彼女の特製クリアホルダーが付いてきた。会社で使ってると変に思われるかもしれませんが・・・
 
 
 

チョン・ミュンフン&シュターツカペレ・ドレスデン

 
23日の祭日、池袋の東京芸術劇場で行われたチョン・ミョンフン指揮シュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団)の来日公演に行ってきました。オール・ブラームス・プログラムでした。今回は、1階中央よりやや左側の席で音響も申し分なかったです。
 
まず、樫本大進をソリストに迎えてのヴァイオリン協奏曲。短い当日リハーサルだったでしょうが、ホールの音響特性を完全に掌握し見事なバランスでした。ホール中にブラームスの哀愁が満ち溢れた演奏。若干27歳のヴァイオリニストを暖かくサポートするというスタイルではなく、ソリストとオケが対峙し、それが力となってブラームスの深い内面にまでグイグイと迫っていきました。
 
後半は、交響曲第4番。昨年の同コンビによる米国ツアーでもこの作品を取り上げており自信作なのでしょう。第1楽章の冒頭は、お互い探りあってしっくりこなかったけど次第に熱を帯び、指揮者の意図を汲み取り力強いブラームスとなりました。450年以上の歴史を誇るドレスデンの伝統がもたらす自信と指揮者との絆が端正かつスケールの大きなブラームスを創り上げました。
 
チョン・ミュンフンは、東フィルのミュージックアドバイザーも勤めており日本ではお馴染みの指揮者ですが、独特のしゃくりあげる指揮で聴衆を魅了しました。オケが舞台から引き上げても拍手が鳴り止まず、楽器を片付けていた楽員を引き連れて再び舞台に現れるという一幕も。深い秋のブラームスのロマンが、乾いた心を癒してくれました。
 
終演後、協賛の新光証券主催のレセプションにも参加させていただき、チョン・ミュンフンさんと樫本大進さんともお話させていただきました。樫本くん自身満足した演奏だったとのこと。オケが本番で仕掛けてきてどんどん乗せてくれるんだとも語っていました。ちなみに彼の楽器は、有名なグァルネリのお祖父さんの作で弓はサルトリでした。
 
 
 

Jazzyな夜

 
 
風邪を引いてしまいブログ更新が止まってしまいました。お蔭様で、しっかり睡眠をとり元気になりました。先日、友人ジャズ・フルーティストが出演するJazz Liveに行ってきました。中目黒のBar聞弦(Mongen)というお店です。地下にある小さなBarですが、アットホームで息遣いの聴こえるライブでした。フルートとベースとギターのトリオ。このお店にはピアノはありません。ジャズのスタンダードを聴きながらバーボンウィスキーを飲んで、素敵な一日の終わりでした。クラシックと違って即興でのセッション。大好きなバラードが仕事で疲れた心を癒してくれました。友人の演奏する姿を観て、普段一緒に呑んでいる時には見せなかった音楽への真剣な眼差しと悦びが伝わってきて本当に羨ましかったです。俺も楽器弾きたぁい・・・
 
 
 

雨の日曜日

 
 
生憎の雨の日曜日でした。午後から渋谷のNHKホールでNHK交響楽団第1582回定期演奏会に行ってきました。イタリアの巨匠、ネルロ・サンティの棒で、前半はモーツァルトの序曲とアリア、後半はチャイコフスキーの交響曲第5番というプログラム。
 
「コジ・ファン・トゥッテ」序曲からどっしりした音造りで、オーボエも思わせぶりに歌わせます。どちらかというとドイツ的な響きを感じました。ソプラノのアドリア・マルフィージ(サンティの娘だという話ですが、プログラムにも何も書いてなかった)は声にムラがあって艶に欠けたけど、モーツァルトの3つのオペラのアリアを表情豊かな語り口で聴かせました。
 
メインのチャイ5は秀演でした。まるで重戦車のようなスケール感を基調としながら、弱音でのカンタービレが特に効いてました。アゴーギクをテンポ構成で造るのではなく、各パートの旋律の強調と収め方で表現するという独特のアプローチ。第2楽章108小節のピツカートに入る前の休符のフェルマータの長いこと。息を飲む瞬間でした。(第2ヴァイオリンかヴィオラの誰かが飛び出していたのはちょっと残念、エキストラかな・・・) N響では珍しくヴァイオリンを左右に配置し、コントラバスは7人が舞台下手後方に一列。そういえば、こんなに雄弁なN響のティンパニとコントラバスは初めてかも。
 
昔のホルスト・シュタインやマタチッチやスイトナーやサバリッシュが客演していた頃のN響と比べると、最近のN響指揮者団もちょっと見劣りするけど、このサンティはホンモノでした。
 
終演後、主席クラリネット奏者のY氏に代官山のDelicateria HEARTYというお店に連れて行っていだきました。天気がいいお昼時は、オープンテラスでのサンドウィッチが有名なのだとか。愛犬も連れいてけるお店です。小さなレストランですがお料理はバッチリ、シェフの真心こもったおもてなしにも感激です。今度は、仕事仲間でも行ってみたいと思います。
 
 
 

交遊抄

 
 
日本経済新聞朝刊の『交遊抄』に、恥ずかしながら私の記事を掲載いただきました。「悪魔の誘い」という見出しはちょっと大袈裟だったかもしれませんが、マエストロ堤俊作氏との28年来の交流について書かせていただきました。毎朝、諸先輩の人生を映し出した出会いについて書かれた文章を読ませていただいて常に感銘しておりましたが、まさか自分が登場するとは思ってもいませんでした。
 
今回日経新聞社でご担当された文化部のO記者は腕利きのヴァイオリン奏者で、今年夏の軽井沢国際音楽祭で同じオーケストラで演奏させていただく機会がありました。これも一期一会です。このような文章を掲載いただいて、私にとって思い出に残るバースディプレゼントとなりました。これからも、人生の出会いを大切にしていきたいと思います・・・